なぜ今、M&Aなのか?
調剤薬局業界を取り巻く現状とは

後継者問題と、加速する業界再編に揺れる調剤薬局業界。業界や自社の先行きを見据えた上で、自社の発展のために経営能力の高い企業や資本の厚い会社、シナジーのある企業とのM&Aを積極的に検討するオーナーが増えています。

医薬分業の普及に伴う市場の熟成

医薬分業の普及により、調剤件数や処方箋枚数の伸び率鈍化が顕著な調剤薬局業界。成熟期を迎えた市場では、8割を超える小規模事業者を、上位企業が集約していく業界再編が、今後さらに加速していくと考えられています。

医療費削減政策などによる収益減

収益減

薬価差益の縮小、診療報酬の抑制など、調剤薬局においては、医療費削減によって経営環境が厳しくなることが予想されています。門前薬局に限界が見えてきたこともあり、事業承継、譲受に関するご相談が急増しています。

大手、異業種の参入による競争激化

大手薬局チェーンの出店加速に加え、医薬品卸やドラッグストアなどの隣接業種が調剤事業を強化。商社やスーパーなど異業種からの参入もあり、調剤薬局業界は、競争激化による再編・淘汰の時代に入りました。

慢性的な薬剤師不足、後継者難

高齢化が進み、年々増加する需要とは裏腹に、薬学部の6年制への移行に伴う慢性的な薬剤師不足が続いています。大手チェーンの積極採用により、採用費や教育費が高騰。中堅・中小規模の薬局にとっては、人材確保が大きな課題となっています。

業界再編がピークの今こそ、
M&Aのベストタイミング!

調剤薬局業界は、現在、圧倒的な売り手市場です。再編が進む業界で勝ち残るために、出店攻勢をかける大手チェーンにとって、新たに店舗を作るよりも医療機関や地元住民と信頼関係を築いている薬局を買収する方が有利。そのため、中小規模の薬局の人気が高まり、譲渡企業主導でよりよい条件での交渉が可能となっています。
しかし、今後は中堅、大手同士の統合へと再編ステージが移っていくため、中小規模の調剤薬局の業界再編は今がピーク。売り手優位の状況は長くは続かないでしょう。譲渡タイミングがベストな今の時期に、M&Aでの事業承継を検討するのがおすすめです。

※直近では、譲渡企業の企業規模が拡大傾向にあります。

次は「調剤薬局M&Aのメリット」へ